スィーツバイブル

見よ、主の恵み深さを。
いかに幸いなことか、御もとに身を寄せる人は。
詩編34:9

こんにちわ~ 

今日も聖書の学びをご一緒にすることとします。




今、ずーっとイエス様がオリーブ山で弟子たちに将来怒ることについて語られましたが、それが聖書の他の箇所でどのように記されているのか、それについて、前回に続いて今日も学ぶこととします。




今日は、イエス様は患難時代の前半に起こる出来事のしるしについて語られましたが、その2番目のしるしは「偽預言者の出現」ということでした。

この「偽預言者たちの出現」を旧約聖書のゼカリヤ書に記されている預言と比較したいと思います。






☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★

ゼカリヤ13:1~2
その日、ダビデの家とエルサレムの住民のために、罪と汚れをきよめる一つの泉が開かれる。
その日、ー万軍の【主】の御告げーわたしは、偶像の名をこの国から断ち滅ぼす。その名はもう覚えられない。わたしはまた、その預言者たちと汚れの霊をこの国から除く。

☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★






その日、ダビデの家とエルサレムの住民のために、罪と汚れをきよめる一つの泉が開かれる。

この箇所の冒頭に「その日」とありますね。

これは終わりの日のことを言っています。

で、この時に「ダビデの家とエルサレムの住民のために、罪と汚れをきよめる一つの泉が開かれる」とありますね。



その時のエルサレムの状態は罪と汚れで充ち満ちた状態でした。だからそのエルサレムをきよめるということで、「きよめる」という言葉が出て来ているんです。

逆に言えば、そうじゃなかったらきよめる必要はないですよね。


「ダビデの家」とはユダヤ人のことです。「エルサレムの住民」も同じユダヤ人です。

罪と汚れに浸かりきっていた彼らのために、一つの泉が開かれたんです。





そのことを別な言い方で言っています。

その日、ー万軍の【主】の御告げーわたしは、偶像の名をこの国から断ち滅ぼす。

つまり、罪と汚れに満ちていたその原因は偶像なんです。だからその偶像を滅ぼすと言っているんです。



その名はもう覚えられない。わたしはまた、その預言者たちと汚れの霊をこの国から除く。

その預言者たちとは、偽預言者たちです。偶像に仕える預言者たちです。

「その預言者たちとその汚れの霊を除く」

つまり、エルサレムは罪と汚れで満ちており、その原因は偶像礼拝で、偽預言者たちです。

それを取り除くと、ここでゼカリヤは預言しているのです。




このようにゼカリヤ書は終わりの日におけるエルサレムの霊的状態を描写しています。

そして、それが解決されるということを預言しているんです。




オリーブ山でイエス様は「偽預言者たちが出て来る」と言われましたね。

このイエス様の語られたことは、ゼカリヤの預言と合致しているんです。




次回は、イエス様が語られた患難時代の前半に起こるしるしの三番目、「罪の増加」ということと、第二テサロニケ2章に出て来る「不法の秘密」ということとの比較をしたいと思います。

次回も主に期待して、ご一緒にみことばを味わいましょう。



祝福を祈ります
キリストの愛を込めて。。。


でわでわ~





☆ミ☆彡☆ミ☆彡★✩*※*★☆☆ミ☆彡☆ミ☆彡


「キリストの優しい風」というブログもやっています。
下の「スィーツバイブル」という文字をクリックしてください。

→→→キリストの優しい風←←←

ぜひぜひ、こちらもお越しください  


☆ミ☆彡☆ミ☆彡★✩*※*★☆☆ミ☆彡☆ミ☆彡





 
↑↑↑LINEでこのブログの更新通知が届きます♪




気軽に励ましのコメントくださいね(*^_^*)

それと応援の意味を込めて、ポチお願いします♪


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ

にほんブログ村



人気ブログランキングへ



イエス様の祝福が豊かにありますように。
キリストの愛を込めて。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

こんにちわ〜


前回まで、イエス様がオリーブ山で弟子たちに将来起こることについて語られましたが、実はこれ、ヨハネの黙示録やパウロの書簡の中に記されていることと合致するのです。

次の大患難時代の後半の出来事についての預言を学ぶ前に、イエス様が語られたことが聖書の他の箇所の中でどのように記されているかを学ぶこととします。


 

イエス様が語られた患難時代の前半の3年半に起こるしるしの1番目は「迫害の勃発」でした。

これとヨハネの黙示録の6章から出て来る七つの封印の中の「第五の封印」の内容とが関係しているのです。

 

第五の封印というのは、ヨハネの黙示録6章からヨハネが封印された巻物の封を切って教えてもらうんですが、この封印は7つあります。

その内の「第五の封印」が今日の箇所と関係しているのです。

 

そして、黙示録6章9節で「子羊が第五の封印を解いた」とありますが、封印を解いた「子羊」とはイエス様のことです。つまり復活されたイエス様です。

イエス様が一つ一つ封を切って、ヨハネにその内容を教えていかれます。

その内の5つめの巻物の封印が解かれた内容が以下に記されています。

 

☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○

ヨハネの黙示録6:9
子羊が第五の封印を解いたとき、私は、神のことばと、自分たちが立てたあかしとのために殺された人々のたましいが祭壇の下にいるのを見た。

☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○

 

この第五の封印ですが、その封印は7つあるのですが、その7つを区分すると前半の四つと後半の三つにわかれます。

ということは、第五の封印というのは、後半の1番目、最初です。

第五の封印は7つの封印の中の後半の3つの封印の中の最初で、その封印が解かれると、場面が転換しているのです。

そして、場面が転換し、天の様子が見えたのです。

 

で、天の様子を見ると、殉教者のたましいが祭壇の下にいるのが見えたのです。

この殉教者ですが、これは私たちが生きている教会時代の信者たちではありません。

これは大患難時代の中で殺された殉教者のたましいです。

教会の信者たちは既に大患難時代の前に携挙されていますから、この殉教の死にはあっていないです。

 

だから、イエス様はオリーブ山の説教の中で迫害が拡大することと、多くの者が殉教の死を遂げるということを仰いましたが、黙示録の第五の封印の内容は、その人たちのたましいが天に上り、祭壇の下に置かれているということがわかるのです。

 

このようにイエス様のおことばは黙示録のことばと調和しているのです。

 

今回はここまで、次回は大患難時代の前半の三年半に起こる第二のしるし、「偽預言者たちの出現」と調和している他の聖書箇所についてご一緒に学ぶこととします。

 

祝福を祈ります
キリストの愛を込めて。。。

でわでわ~





 
↑↑↑LINEでこのブログの更新通知が届きます♪




気軽に励ましのコメントくださいね(*^_^*)

それと応援の意味を込めて、ポチお願いします♪


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ

にほんブログ村



人気ブログランキングへ



イエス様の祝福が豊かにありますように。
キリストの愛を込めて。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

こんにちわ〜

今、イエス様がオリーブ山で弟子たちに語られたメッセージについて学んでいます。

そして、その中で「再臨åのしるし」について、イエス様が語られたことをご一緒に味わっています。
 

前回まで学んだのは、以下のとおりです。

  1. 迫害の勃発
  2. 偽預言者たちの出現
  3. 罪の増加

さあ、今日は4番目で、「大韓何時台を生き延びるユダヤ人たち」です。

では早速学びましょう。



4、大患難時代を生き延びるユダヤ人たち(13節)

 

☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆

マタイ14:13
しかし、最後まで堪え忍ぶ者は救われます。

☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆

 

この「最後まで堪え忍ぶ者は救われます」というのは、大患難時代の前半だけではなく、後半まで含めた内容となっています。

つまり、大患難時代のすべての期間の話です。

 

大患難時代を生き延びたユダヤ人たちは、民族的救いを経験するようになります。

それは、大患難時代の最後にその時生きているユダヤ人全員がイエスこそメシアだと認め、涙ながらに悔い改めるようになるのです。

 

しかし、この13節だけを読むと「堪え忍んだら救われる」と読めますよね。

でも、これは生き延びたから救われるということではないのです。

もしそうだとしたら、それは業による救いになりますよね。

 

そうではありません。救いは常に「信仰と恵み」によります。

或いは「恵みと信仰」によるのです。

 

 

だから、生き延びるということは、その人は真に救われているということなのです。

このように、信仰によって救われている人たちは、最後まで堪え忍ぶことによって、自分が救われることを証明することになるという言葉なのです。

 

 

救いは常に恵みと新港に寄ります。

そして、信仰の内容は福音の三要素です。

キリストが私たちの罪のために死なれたこと
墓に葬られたこと
三日目によみがえられたこと
この3つの要素を信じ、キリストに信頼を置いている人は、救われているのです。

 

これが大患難時代を生き延びるユダヤ人たちです。

 

 

5、世界宣教(14節)

 

☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆

マタイ24:14
この御国の福音は全世界に宣べ伝えられて、すべての国民にあかしされ、それから、終わりの日が来ます。

☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○☆

 

よく、この言葉も文脈を無視して、これだけを取り上げ、私たちが頑張って伝道し、世界中の国民が自分の言葉で聖書を読むことが出来るようになったら、再臨が来るのだっていう解釈をする人がいます。

でも、そうではありません。

 

私たちは今、何を待っているのかというと、教会が天に上げられる、携挙の時を待っています。

それは何時来るかはわかりません。もしかしたら今日来るかもしれません。

 

ここで語られているのは、再臨の前のしるしです。

だから、大患難時代に入った時に、世界中に福音が宣べ伝えられる時が来るということです。

それが再臨のしるしとなるのです。

 

 

今、私たちが伝道をするのは、携挙の時が満ちるために伝道します。

しかし、この14節で語られているのはそうではないのです。

ここは携挙の後の内容ですから。

 

 

大患難時代の前半の三年半に世界宣教が行われます。

それは多くのユダヤ人が救われ、世界中に離散しているユダヤ人が宣教師として世界中に福音を伝えるのです。

 

このように、迫害はあるけれども、希望もあるということです。

 

ここまで学んで来た5つの出来事が大患難時代の前半に起こる再臨のしるしであり、これらのことが起こった後に再臨が来るのだということです。

では、大患難時代の後半に何が起こるのか、それは次回以降、またご一緒に学びましょう。

 

祝福を祈ります
キリストの愛を込めて。。。

でわでわ~




 
↑↑↑LINEでこのブログの更新通知が届きます♪




気軽に励ましのコメントくださいね(*^_^*)

それと応援の意味を込めて、ポチお願いします♪


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ

にほんブログ村



人気ブログランキングへ



イエス様の祝福が豊かにありますように。
キリストの愛を込めて。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ